« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月 6日 (火)

In Kobe

P8198454


寒い寒い日が続きますが、なんと夏の旅の話を今頃・・・

長野で再会した友人と早くも神戸で再会することに。彼女のお母さん、私の娘もともに。
うーん。この友達が旅に出ると、波瀾万丈の出来事が起こっているので、
今回はどんな珍道中になるのかと期待半分、不安半分。

すると、やっぱりやっぱり起こりました。神戸にとあるセミナーを受けるべく
長野から電車に乗り込んだ友人とお母さん・・・電車乗ってる間に大雨で電車は停車・・・
結局、セミナーは受けられず・・・・

まあ、とても素敵なホテルに泊まったそうで、確か神戸の海と空の景色に
大きな鳥のような雲が空に浮かんでいるのを見て感動したそう。
景色に大感動・・・この辺、私と相通じる部分を感じます。

神戸旅行はループバスが便利。待ち合わせして、バスの一日券を買い、
乗り込む。行き先は異人館。

P8198441
着いてほどなくしてソフトクリーム。
娘の着ている上の服は、実家の近所のおばちゃんの手作り。
神戸を旅するのにふさわしい。
縮小するとちかちかするけど、とっても素敵な服なんです。

そして、異人館へ。なかなかの坂ですが娘はさくさく歩きほめられます。
さあ、有名どころの館を見ようと部屋に入ったほんとにちょうどその時に、
観光ガイドのおじいさんがお話を始めてくれました。

その家に住んでいた家族の話、家具の話、震災の爪痕・・・

自分だけで回っていたら、数分で終わっていただろうに、
とっても勉強になりました。

隣の萌黄の館もおじさんについて行って、おじさんにお願いして
うろこの館まで行くことに。

途中、写真撮影をする花嫁さんにうっとりしながら、移動する。

P8198464





おじいさんにどうしてガイドをするようになったんですかと
話を聞いてみると・・・

きっかけは、阪神淡路大震災だったそう。
ボランティアの人に助けられ、自分もいつかボランティアをするんだって
決めたのだそうです。
そのために、写真屋さんを営んでいたおじいさんはしっかりとお金を貯め、
60歳ですぱっと仕事を辞め、写真の腕が生かせる観光ボランティアを選んだのだそう。

大学生の時、ボランティアに行った私の胸はじんと熱くなったのでした。


おじいさんにいろんなところで、写真を撮ってもらい、
いよいよお別れ。

おじいさんおすすめの、フロインドリーブでランチ。
大ミミパイという有名なお菓子をおみやげに買う。

そうして、時間になり駅へ向かおうと地図を見ると、
あらあら歩いて行ける。一日券を買ったけど、乗ったのは一回でした。
でも、おじいさんのおかげでとっても豊かな時間を過ごせました。
また、会いに行きます!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »