« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

出産の始まり始まり

O1_eibjdvti2xpt1409229210_140922923      こんなのを作って生まれてくるのを待ってるよ~という記事を書こうと思って
      いたのですが、その前に出産。

忘れないうちに息子の出産のことを記しておこうと思う。

今にして思えば最後の健診で、それまでは標準だったのが、
ちょっと赤ちゃん小さめかなと言われる。
それなら、まあ出産もまだまだだろう。予定日だってまだまだだし。
何と言っても、このだんなのめちゃくちゃ忙しい3月に出産は避けたい。
まあでも、37週になったら一応いつ出産になっても
おかしくないんだし、親にはここの生活に慣れるためにも
来てもらっとこ。
それにしても10か月に入ってから夜によくお腹が張る。
娘の時のようにたいして運動してないけど、
出産前までにと片づけたり、買い出ししていたからだろうか。
陣痛じゃないかと思うくらいな張りが何日か続き・・・

その夜も寝ようと横になっていると張ってきて、10時ごろから
・・・こ、これは、この腰のにぶい感じの痛みは・・・
どう考えても痛みは治まる様子もなく・・・
は、始まってしまった!!!
うーん、こないだの健診からの日数を考えれば推定体重は2500グラムを
超えているはずだけど、本当に大丈夫なんだろうか。
早すぎやしないだろうか。
そしてそして、だんなよ、この忙しい時にごめん。
でも、だんなのいる夜でよかった。
そして、明日も週末だから、何とか立ち会ってもらえる。

痛みもまだたいしたことないので、とりあえず家で様子を見ることに。
その間だんなは別の部屋で、仕事を始める。
ごほごほごほ、咳の音が聞こえる。
ほとんど休みなく働き、風邪を引いて、ずっと薬とドリンク剤を飲んでの生活。
そんな大変な時に。
私がもっと家でおとなしく過ごしていればこんなことにならなかったかも
しれない。
そう思うと目が曇る。
この子もこんなだんなの仕事が忙しい時に生まれてきたら
毎年だんなに誕生日をろくに祝ってもらえない・・・
そう思うと、また目が曇る。

そうこうして、痛みはたいしたことないものの、4時ごろ
陣痛の間隔が短くなってきたので、
さすがに病院に電話する。
今回の病院は医師が1人なので、起こすのが申し訳なくて電話しずらかった。
電話すると、すぐに来てください。
で、寝ている娘を起こして、泣くのを着替えさせ、連れて行く。
みんなごめんね・・・

                   さて、続きはちゃんと書けるか分からないけど、つづく。




☆最近の娘

ずっと前からだけど、私が化粧水とかつけてるときはそのふたを触って、化粧の真似。

傷やかいかいは「お風呂で治る」と思っている。

アンパンマンショーを見に行ったらその真似。
「アンパンマーンって言ってください!」「もっと大きな声で!」

歯磨きがプロレスをしているみたいに激しい。逃げる娘を捕まえ、かかえて歯を磨き
その間も、じたばたしたり、キックしてきたり。
口からつばをためてぶくぶくぶく・・・床にぼとぼと落としたり、私にぶって吹き付けたり・・・
息子も最近よだれがすごく、スタイもすぐにびしょびしょ・・・

いろいろ人を困らせることを覚えた感じの娘。まだ、赤ちゃんがえりっぽいことはして
特に弟の授乳のときに自分も抱っこみたいなことがある。
もう終了したと思ったトイトレも再び逆戻りした。


おしゃべりもすっかり達者。でも、少し言い間違えてたりするのがまだまだ幼い。
「ありあと~」「手をまませましょう」「ばちゅー(バツ)」
もう一つとか、もうちょっととかいうのは、全て「もういちまい」
なぜか時々懐かしの「おいしい」のベビーサインをする。


息子に何やら怒ってるんですが、言ってることが私が娘に言ってることといっしょ。

急に「お母さんのお腹の中とーーーっても楽しかった」と言い出す。
前に胎内記憶を聞き出そうとしたこともあるから、それでかもしれないけど、
言われた時はとーーーってもうれしかった。


☆最近の息子

よだれも増えるはず。4か月の終わりに歯が一本。5か月に入りもう一本。
離乳食気が重いな~って思ってたけど、これでやる気が出ました。
離乳してもらわないと流血です・・・
というわけで、昨日からスタート。
最初はよく分かってない感じでしたが、途中から自分で口を動かし
食べ始めました。


娘の時と違ってずっと眺めていないので、
いつのまにどのような過程でそんなところにいるんだろうってことがよくある。
まだずりバイは始まってないのですが、なんかじりじり進んでる感じもあります。

すねをよくひっかくので傷だらけ。

Gzmp6x5i6xbfdps1409470274_140947028


Ll4uhbjzolou1fu1409470336_140947035


Kok5cyxtxxjtken1409470396_140947043

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

修行

修行
修行
二人目を出産する前はこれから寺に修行に行くような心持ちでした。息子が生まれてきて、まあ、そこまで俗世を捨てた生活でもないけど…まあまあ思っていた通りハードです。お出かけするにも重くなり、ばたばた動く息子を抱っこしながら、娘の手をひき、ゆさぶられ…授乳も力強く動く息子を支えながら、後ろから首に手を回して抱きついてくる娘にゆさぶられ…こうして私の体幹は鍛えられていってます。そして私や子どもが体調を崩したら、想像していた以上に…つらい。なので、今はとにかく健康第一です。ばりばり働きながら子育ての人の話も聞けば、大変を通り越して過酷。体調を崩したりしながら、頑張っています。なかなか現代の子育て環境は思ってたより厳しいんだなと実感。少子化になるのも分かる。娘が赤ちゃんの頃に知り合ったママさんもそれぞれいろんな道に進んで、みんな大変さは違うけど、なんか同志って感じに思います。
ばたばたの毎日でなんとなくもっと先になれば楽になると思うけど、成長したらしたで、また次の課題を子どもから受けとるのでしょう。親になるってこういうことなんですね〜
最後に俵万智さんの短歌

親は子を育ててきたというけれど勝手に赤い畑のトマト

☆最近の娘
いわゆるイヤイヤ期は過ぎてなんか分かってて嫌なことや悪いことをする感じ。これが反抗期なのかなぁ。まだ赤ちゃんがえりもあるみたい。息子にそれは泣くでしょってキックを私が抱っこしてるのにして、「ごめんなさい言わなーい!」私やだんなにもちょっと痛いってというくらい叩いたり。
産後しばらくお出かけしてなかったからか、お出かけしてもなかなかその場に馴染めなかったりしたが、最近はこれやりたいあれやりたいと積極的になり、他のお友達とも遊べるように。
☆最近の息子
首が座ったかな〜と思った3ヶ月の終わりに寝返りが始まる…4ヶ月今ではうつ伏せでしっかり頭起こしてるし、ごろごろ大移動してたり、なんか向きが変わってたり。もうそのうちにずりばいが始まりそう〜
4か月になった日、お姉ちゃんが投げるボールになぜか大うけ。声をたてて笑いまくり。
太もものお肉がたっぷり。でも、男の子だとやはりどこかしまった感じ。
泣いてても、誰か食べてるのを見つけるとそちらをせつなそうに見て、よだれぶくぶくだら〜お姉ちゃんといっしょ。離乳食ももう来月にスタートかな〜

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »