« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月24日 (月)

絵本アルバム



この一年よく読んだ絵本のアルバム

51n7vwb4xnl__sl500_aa300_ 

 「りんご」

新生児訪問でいただいた絵本です。助産師さんがまだ二カ月の娘に読んでくれたんですが、「このこもう絵本いけるわよ」って言われてびっくり。確かに絵をじーっと見てます。絵本ってもっと先だと思ってましたが、それから絵本を読んであげるようになりました。
 
 
それにしてもこの絵本、りんごを切って食べるという単純なお話。絵本ってもっともっと楽しかったり、目を引くものってイメージだったのですが、こんな素朴な絵本もいいものです。

41yutfpxal__sl500_aa300_

 
  「しましまぐるぐる」


これは最初からよく見てくれた絵本。
生後6カ月くらいまでの赤ちゃんでも見るように配色など工夫されているそうで、納得です。
しばらくすると顔を見てにっこりするようになり、最近ではわんわんっていうとこでわんわんって言うようになりました。
カラフルでかわいい絵本です。

51xupk6secl__sl500_aa300__2

“Brown Bear,
  Brown Bear,
 What Do You See?”

英語の絵本も。これもカラフルで小さいころからよく見てくれました。リズムが良くてきらきら星の歌に合わせても読めます。
日本語では「くまさんくまさんなにみてるの?」ってタイトルで出てます。
英語は・・・CDとかもかけたりするけど・・・
たまにだから、どうなんでしょう・・・

                                                     514p87c736l__sl500_aa300__2

 
  
   「きゅっきゅっきゅっ」

ぬいぐるみや動物の絵を見てにっこりするようになると、この絵本にも反応。特に表紙と裏表紙では必ずにっこり。私も読むのが大好きな絵本です。
読んでいるとなんだかやさしい気持ちになります。

41gihsmaxl__sl500_aa300_


 「だるまさんの」

だるまさんシリーズ三冊セットをいただいたのですが、どれも嬉しそうににっこり笑います。この「だるまさんの」は最近一番やりとりができる絵本。「だるまさんのて」っていうところで、手と言いながら手を差し出すようになり、しばらくすると、「だるまさんのけ」で私の真似をして毛を引っ張りながらなんとなく「け」というように。それから歯も指さすようになりました。
絵と言葉の音と意味が結び付いくのを目の当たりにして興奮しました。

51y11xk6t7l__sl500_aa300__2

 
 

 「いない いない ばあ」

表紙がかわいいですね。リビングの机の上に飾ってます。
いないいないばあ系の絵本は何冊かあるのですが、ずっとどれも反応がいまいちだったんですよね。でも、一歳前くらいにようやく「ばあ」のところで喜んでくれるようになりました。






絵本の読み聞かせに行ったりしますが、私のほうが真剣に聞いています。
これからもどんな絵本に出会うか楽しみ。

最近の娘はときどき私の言うことを真似するようになりました。
ねんねとかいたいいたいとか、なんとなくそれっぽく言います。
聞いた音を舌を動かしたりしてその通りに発音できるようになるって
すごいことだなと思います。
ベビーサインもちょっとずつできるようになってきました。
おいしいとか、まだ私がするのを真似てですが、ほっぺを手でぺちぺちします。
いたいいたいは、ぃたぃぃたぃと言いながらやります。
でも、にっこり笑いながらだから意味は分かってません。
髪を引っ張られたり、上に乗っかられたりして私が痛い目にあっていることに
ぜひともはやく気付いてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

誕生

Sdsc_0853

つづきです。

元気な泣き声とともに娘が誕生。
嬉しいとか感動とかそうなんだろうけど、もうよくわからない涙が勝手にだだもれ。
心配していた顔色も良く、頭もとんがっていない。
ちょっとしてから目の前に連れて来られる。
良く聞く話だが、私も確認。
本当に、に、人間だった。お腹の中でぐるんぐるん元気に動いていたのは
本当に人間でした。
もしも、犬でも猫でもあしかでも何でも連れて来られたら、
やっぱりそうだったかと思ってしまいそうだったけど、
ちゃんと人間の赤ちゃんがやってきました。

それにしても、なんてちっちゃくてなんてかわいいんだろう。
ぼうっとしていると、看護師さんが触ってもいいですよというので
ちょんと顔に触る。
普通はカンガルーケアみたいなことをするみたいですが、
娘は呼吸数がちょっと多かったそうで、すぐに保育器に移動。

ちょっとの間私はそのままLDRにいましたが、
その後病室に移動。
さすがにさすがに疲れがどっと体にきたようで
この後しばらく歩くのもきつかった。
読売テレビの六時のニュースの後に「めばえ」っていう番組で
その日生まれた赤ちゃんとお母さんや家族が
出てくるのあるけど・・・あんなの考えられない。
けっこうひたすら寝てました。食欲もあまりない。
後に母子手帳をみると分娩時間40時間超えてました・・・
出産する前に出産で30時間超えたみたいな話を聞くと
ひょえー、大変だな~って思ってたけど、まさか自分が
こんなことになるなんて・・・
でも、経験してみるとそこまでたいそうなことではなかったかな。
時間長いほうが痛みの来方はゆるやかなようにも思うし。
これだけの時間の間に私はすっかり鍛えられて
私自身が母親になるために必要な時間であったかもと、
今は思います。とはいえ、赤ちゃんのことを考えたら
早く出してあげないとですね。

しばらくして、保育器に入った娘の写真をもらいます。
なんだか最初の印象と違って、どすこいな感じ。
顔は・・・うーん、誰に似てるんだろう。
とにかく私とは違う顔。そんな可能性は重々承知していたと思っていたけど、
やっぱり我が子だと言われると不思議。
別の赤ちゃん連れてこられても、自分の子だと思ってしまいそうな。
でも産後はとにかくどの赤ちゃんもかわいいですね。
他の子が泣いてても、勝手におおよしよしと気にかけるようになりますね。

それにしても、人が生まれる、家族が増えるというのは何とも不思議で
5ヶ月くらいまで、朝起きてああ、本当にやっぱりいるんだなと確認して感動してました。
夜中も散々授乳で起こされてるんですけどね。

そんな娘ももうすぐ一歳。
一歳になる日が来るなんて、これもまた不思議です。
友達が子どもの成長に親がついていけてないって言ってたけど
本当にそう。

さて、最近の娘は元気にはいはい。スピードもアップしてきました。
バランスボールの周りを二人ではいはい追いかけっこしていると・・・
溶けてバターになりそうです。

Sdsc_0840
       ベビードレスを手作りしました。こんなにぶかぶかだったんですが・・・
       今度のお誕生日にちょっと着せてみようかな。
         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »